札幌コンサートホール専属オルガニスト

Kitaraのシンボル的存在、大ホールのパイプオルガンの魅力を広く深く活用し、世界へ向けて発信する札幌コンサートホール専属オルガニストを、ヨーロッパから毎年招聘しています。これまで21人の若く才能豊かなオルガニストを迎えました。彼らは一年間Kitaraでの専属オルガニストとしての活動をきっかけに大きく成長し、魅力あふれる音楽家として羽ばたいてゆきました。世界各地で活躍する歴代のオルガニストたちをご紹介します。

21代目専属オルガニスト

アダム・タバイディ Ádám Tabajdi

顔写真

21代目(任期:2019年9月~2020年8月)

1993年、ハンガリーのデブレツェン生まれ。幼少期よりピアノに親しみ、2011年よりリスト音楽院にて、ザボ・バラージュ、ルッペルト・イシュトヴァーン、パールウール・ヤーノシュ、ファッサン・ラスロにオルガンを師事。在学中からフランスやドイツを訪れ、歴史的オルガンについて学び、学士および修士課程を修める。16年よりパリ国立高等音楽院にて、オリヴィエ・ラトリー、ミシェル・ブヴァール、ルイ・ロビヤールにオルガンを師事。また、即興をファッサン・ラスロ、ティエリー・エスケシュに、チェンバロと通奏低音をピエール・キャゼ、ティエリー・メーダーに学ぶ。在学中、ヴェルサイユ宮殿王室礼拝堂やサン・セヴラン教会、サンジャン・ボスコ教会、パリ・ノートルダム大聖堂、シャルトル大聖堂などで多数コンサートを開催。

これまでにヴォルフガング・ツェラー、クリストフ・ボザート、ジグモンド・サットマリー、デイヴィッド・ヒッグス、ハンス=オラ・エリクソン、トン・コープマンら著名なオルガニストたちによるマスタークラスを受講。フランス財団およびタラディ財団(フランス)から奨学金を授与され、またアニー・フィッシャー音楽奨学生(ハンガリー)となる。2017~18年にはパリ・ノートルダム大聖堂初のオルガニスト研修生に選ばれた。

2018年からリスト音楽院博士課程において、フランスの作曲家ジャン=ルイ・フローレンツに関する研究を行っている。

2019年9月、第21代札幌コンサートホール専属オルガニストに就任。

歴代札幌コンサートホール専属オルガニスト紹介