《札幌コンサートホール主催事業》
アーティスト・サポートプログラムⅡ
2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~
出演者からのメッセージ


2022314日(月)開催の「<Kitaraアーティスト・サポートプログラムⅡ>2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~」に出演の白子 正樹さんからメッセージをいただきました。

────────────────────────────── 

こんにちは。札幌交響楽団クラリネット奏者の白子 正樹です。今回は、しらこ企画(札響メンバーを中心としたアンサンブル)としては3回目の演奏会で、キタラで公演するのははじめてとなります。

「愛」をテーマに、モーツァルトとブラームスという大作曲家が最後に愛したクラリネット五重奏曲をお届けします。モーツァルトとブラームスのクラリネット五重奏曲は同じ編成で書かれているのですが、編成以外にも不思議な共通点や対比点がいくつもあります。両曲ともに「神のような音楽」と言われるほど美しい曲ですが、音楽の性質は両極。言うなればモーツァルトがで、ブラームスが。そして2人とも最晩年にあるとの出会いによってこのとてつもない音楽を遺しました。その人とは誰なのか。

両極の極みと「愛」を一緒に体感してみませんか? 

 ──────────────────────────────

 

<アーティスト・サポートプログラムⅡ>
2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~

 

日時:2022314日(月) 18:30開場 19:00開演

会場:札幌コンサートホール 小ホール

出演:クラリネット/白子 正樹(札幌交響楽団 クラリネット副主席奏者)

ヴァイオリン/岡部 亜希子(札幌交響楽団 ヴァイオリン奏者)

   桐原 宗生(札幌交響楽団 ヴァイオリン首席奏者)  

ヴィオラ/鈴木 勇人(札幌交響楽団ヴィオラ奏者)

チェロ/小野木 遼(札幌交響楽団チェロ奏者)
    
《札幌コンサートホール主催事業》 アーティスト・サポートプログラムⅡ 2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~ 出演者からのメッセージ イメージ画像1《札幌コンサートホール主催事業》 アーティスト・サポートプログラムⅡ 2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~ 出演者からのメッセージ イメージ画像2《札幌コンサートホール主催事業》 アーティスト・サポートプログラムⅡ 2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~ 出演者からのメッセージ イメージ画像3 《札幌コンサートホール主催事業》 アーティスト・サポートプログラムⅡ 2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~ 出演者からのメッセージ イメージ画像4《札幌コンサートホール主催事業》 アーティスト・サポートプログラムⅡ 2人が最後に愛したクラリネット五重奏曲~モーツァルトとブラームス~ 出演者からのメッセージ イメージ画像5


曲目:モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581
           ブラームス:クラリネット五重奏曲 ロ短調 作品115

料金(全席指定):一般3,000
        学生1,000円 大学生以下の方が対象
        KitaraClub会員料金 一般2,500円(500円引き)
        (未就学児入場不可)

チケット発売日:KitaraClub ゴールド会員先行 12/1(水)
        KitaraClub 一般会員先行 12/2(木)
        一般発売 12/4(土)

 

公演情報ページ

 

皆さまのご来場をお待ちしております。