【9/19更新】貸館ご利用の再開と新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応策について

※令和2年9月19日、札幌市の入場者数制限緩和の方針を受けて更新

日頃より、札幌コンサートホールをご愛顧頂き誠にありがとうございます。  
札幌コンサートホールは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、令和2年5月31日(日)まで臨時休館としていましたが、このたび、北海道の緊急事態宣言解除に伴い、令和2年6月1日(月)から再開いたしました。  

しかしながら、引き続き新型コロナウイルス感染症のまん延防止に向けて取り組んでいく必要がありますので、当面の間、当ホールをご利用いただくにあたっては、「利用のための対応策一覧表」(下記「PDFのダウンロードはこちら」をクリックしてダウンロード)に記された対策を講じた上でのご利用をお願いいたします。なお、業種別ガイドライン(下記リンク)につきましても、ご利用前の内容確認をお願いいたします。  

公演における入場者数制限につきましては、札幌市が主催するイベントと同様に、段階的に緩和していきます。段階的緩和については「イベント開催制限に係る段階的緩和について」をご参照ください。今後の緩和等につきましては、改めてお知らせいたします。

※収容定員100%の入場を見込む場合は、「令和2年9月19日(土)以降の入場者数制限の緩和について」もご確認ください。

【業種別ガイドライン】  
劇場・音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(全国公立文化施設協会)(令和2年9月18日改定)
公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(全国公民館連合会)
クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン


【利用のための対応策一覧表】 ※令和2年9月19日更新