トップページ >> お知らせ >> 12/11(火)「ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団」のリハーサル、インタビュー動画を公開しました。

お知らせ

〒064-0931
札幌市中央区中島公園1番15号
Tel:011-520-2000(代表)
Fax:011-520-1575

※チケットのお問い合わせ・ご予約は 011-520-1234 まで。
※駐車場はございません。お越しの際は、公共の交通機関をご利用ください。

12/11(火)「ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団」のリハーサル、インタビュー動画を公開しました。

12/11(火)「ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団」のリハーサル、インタビュー動画を公開いたしました。(動画提供元:パリ管弦楽団)

【動画1】ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61(リハーサル風景)



【動画2】ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 作品68 「田園」(リハーサル風景)



【動画3】イザベル・ファウスト(インタビュー)



 

イザベル・ファウスト(インタビュー)日本語訳


なぜ彼女のヴァイオリンは「スリーピング・ビューティー」と呼ばれているのか?

 ストラディバリウス「スリーピング・ビューティー」は、1704年に製作されたヴァイオリンです。150年以上も眠り続けて、忘れられていた魅惑的な楽器、という意味で「スリーピング・ビューティー」と名付けられたのでしょう。この楽器にキスをして起こしたのは、そしてソリストとして本格的にこの楽器を弾いたのは、おそらく私が最初でしょう。この音のすばらしさを引き出すのに数年かかりましが、いまや満開の花のようにその真価を発揮してくれます。もう眠ってはいません。

パリ管弦楽団との日本ツアーについて:見たいものや体験したいことは?

 日本へ行くのをいつもとても楽しみにしています。私の仲間たちもみんな日本ツアーが大好きなんです。日本のみなさんには、いつもよくもてなしていただきますし、食べ物もとても美味しく、みんなでよく食べています。日本の聴衆は非常に音楽を愛しています。マナーもよく、つねに集中して聴いてくださいます。ヨーロッパのオーケストラやソリストに出会うことを本当に心待ちにしてくださっています。
 そしてもちろん、日本の美意識や文化的な歴史はとても魅力的だと思います。日本へ行くことはつねに私にとってご褒美ですし、コンサートで演奏する以外にも、すばらしいことがたくさんあります。日本ならではの旅館に泊まったり、温泉に入ったり、相撲を観に行ったりなど、日本でしかできないことがたくさんあります。とても楽しみです。