トップページ >> Kitaraの教育・育成事業 >> リスト音楽院セミナー

リスト音楽院セミナー

リスト音楽院セミナーとは


リスト音楽院教授による熱心な指導が受けられる貴重な機会

札幌コンサートホールが1997年の開館以来毎年開催しているセミナーです。ハンガリーの名門、リスト音楽院教授による熱心な指導が受けられる貴重な場として、毎年多くの方々が受講しています。セミナーにはレッスンの他、演奏家としても世界で活躍する教授による「講師による特別コンサート」や「特別レクチャー&公開レッスン」、優秀受講生が出演する「受講生コンサート」が含まれ、受講生は自由に聴くことができます。また、このセミナーで選ばれた最優秀受講生には、札幌コンサートホールからの派遣生として、世界的なアーティストが数多く参加する「ブダペスト・スプリング・フェスティバル」に出演する資格が与えられます。

日本人学生のために特別にリスト音楽院入学試験を実施

通常、外国人が同音楽院の入学試験を受験する場合、音源による審査もしくはブダペストでの実技試験を受験する必要があり、日本からの受験生には負担が大きいものでしたが、このセミナーでリスト音楽院学長経験者をはじめとする教授陣が来札するのを機に、札幌コンサートホールに入試事務局を置き、日本人学生のために特別に入学試験を実施しています。
この札幌で行うリスト音楽院入学試験に合格すると、その場でリスト音楽院への入学資格(Non Degree Programme※)を得ることができます。
この試験により、伝統ある音楽院の門戸が日本の音楽を学ぶ学生に大きく開かれています。
※1年を最短期間としてリスト音楽院で自由に勉強する制度で、履修証明を請求することはできますが、ディプロマ(卒業証明)は取得できません。

レッスンの聴講が可能

セミナー期間中、実際のレッスンを聴講することができます(有料)。
どんなレッスンが行われるのか、セミナー受講を検討される方も今後の参考にぜひご活用ください。

これまでのセミナー内容

募集コース
・ピアノコース…ソロ、ピアノデュオ
・チェロコース…ソロ、デュオ(チェロ+ピアノまたはチェロ+ヴァイオリン)、トリオ(チェロ+ヴァイオリン+ピアノ)
レッスン
・約1時間×2回、日本語通訳付


講師プロフィール


シャーンドル・ファルヴァイ

シャーンドル・ファルヴァイ(ピアノ)Sándor Falvai

1972年、リスト音楽院を優秀な成績で卒業した後、チャイコフスキー音楽院大学院で研鑽を積む。72年、ブダペスト交響楽団のソリストとして、ドイツの主要都市にて演奏。73年にはベルリンでデビューコンサートを、78年にはニューヨークのカーネギーホールにおいてアメリカデビューを飾り絶賛を博す。
ヨーロッパ各地はもとより、日本、カナダ、アメリカなどの世界各国で演奏活動と教育活動を行い、これまでに20以上のCDを発表している。また、リスト、ブゾーニ、フンメルなどの国際的なピアノコンクールの審査員としても知られている。
リスト音楽院ピアノ科主任教授を経て、97〜2004年10月までリスト音楽院学長。リスト音楽院セミナーには初回から参加。


イシュトヴァーン・ラントシュ

イシュトヴァーン・ラントシュ(ピアノ)István Lantos

ブダペスト生まれ。1968年、リスト音楽院に入学。ショイモシュ・ペーターに師事。69年、バイロイトでバルトークのピアノ協奏曲 第3番を演奏し、デビュー。その後、アメリカ、ヨーロッパ各国で広く演奏活動を行うと共に、国際的な教育者としても活躍。
74年よりリスト音楽院で後進の指導にあたり、86年から3年間、北海道教育大学で教鞭をとる。世界でも珍しい初見能力を持ち、驚嘆に値するエピソードは多数。深く広い知識に支えられた、繊細かつ迫力に満ちた演奏で聴衆を魅了している。
94〜97年、リスト音楽院学長。現在、同音楽院教授。ブダペストのリスト・フェレンツ国際ピアノコンクールを始め、日本国際音楽コンクール他、各国の国際コンクールで審査員を務める。リスト音楽院セミナーには初回から参加。


ミクローシュ・ペレーニ

ミクローシュ・ペレーニ(チェロ)Miklós Perényi

ブダペスト生まれ。7歳でリスト音楽院に入学。その後ローマの聖チェチーリア音楽院に留学。1963年、カザルス国際チェロコンクールで入賞し、カザルスから指導を受ける。70年、ハンガリー政府より「リスト賞」を受賞。74年からリスト音楽院で教鞭をとり、80年に教授に就任。
ソリストとして世界各国でコンサート出演や、エディンバラ、プラハ、ザルツブルク等の主要音楽祭やプラド(パブロ・カザルス)等の国際チェロ音楽祭へも多数客演。室内楽奏者として、ラーンキ、シフ、ケラー・カルテットら一流の演奏家との共演も多い。
多数のレーベルに録音があり、栄誉ある「コシュート賞」(80年)、「バルトーク=パストリ賞」(87年)を受賞するほか、ベートーヴェンのソナタ全曲録音CDは、2005年カンヌ・クラシック・アワードを受賞。
1978年に初来日を果たして以来度々来日し、リサイタルをはじめNHK交響楽団、東京都交響楽団、札幌交響楽団等とも共演。
リスト音楽院セミナーには第1回の97年及び2006年、09年、11年、13年、15年に講師として参加。




リスト音楽院とは・・・


ハンガリーが生んだ偉大な作曲家・ピアニストであったフランツ・リストにより1875年にハンガリー・ブダペストに創立されたリスト音楽院は、作曲家のバルトーク、コダーイ、ヴァイオリニストのシゲティ、指揮者のショルティなど、世界的な音楽家を輩出している歴史ある音楽院です。1960年代以降にはラーンキ、コチシュ、シフなど優れたピアニストが巣立ったことでも知られています。札幌の「リスト音楽院セミナー」の指導教授も同音楽院の出身者。リストに連なる第5世代、第6世代の音楽家が、その伝統を札幌で若い音楽学生に直接伝えます。

リスト音楽院
リスト音楽院 ©Jozsef Hajdu

過去の受講生の声


とても充実した毎日でした。他の受講生のみなさんからも多くの刺激を受け、大変勉強になりました。先生方のコンサート、受講生のコンサート、レッスン、レクチャーと盛りだくさんのプログラムに感激いたしました。ありがとうございました。
(ピアノコース、20代 女性)

自分自身のレッスンはもちろんですが、他の方のレッスンからも得られるものがとても多く、4日間の毎日が充実していました。先生のアドバイスや周りの受講生の演奏から吸収するものが沢山あり、参加して本当に良かったと思います。ありがとうございました。
(ピアノコース、20代 女性)

参加が初めてだったので、皆さんとても優秀で、本当に驚き、とても質の高いセミナーだと思いました。また、セミナー自体が良心的で、道外からでも足を運んで学びに来る価値のあるセミナーでした。
(ピアノコース、20代 女性)

リスト音楽院
レッスンの様子
リスト音楽院
第18回リスト音楽院セミナー最優秀受講生
正住 真智子さん
(2016年4月ブダペスト・スプリング・フェスティバルに出演予定)