トップページ >> Kitaraの教育・育成事業

音楽で人を育む
Kitaraの教育・育成事業

Kitaraで音楽と出会おう!!

子どものためのMeets Music! プログラム

札幌コンサートホールでは、未来を担う子どもたちの感性を音楽の力で育むエデュケーションプログラム、「Meets Music! プログラム」を実施しています。
さまざまな形で音楽を体感するワークショップ、札幌市内の全小学6年生を招待するコンサート、3歳や5歳以上から入場できるコンサート(※)など、音楽とふれあうかたち・方法はさまざまです。
すべての子どもたちに、音楽と出会うよろこびを。
札幌コンサートホールでは、そう願っています。

※コンサートによって、入場可能年齢が異なります。残念ながら、未就学児はご入場いただけないコンサートもございます。ご了承ください。


Kitara Kids ミュージック&アーツ クラブ

Kitara Kids ミュージック&アーツ クラブ

札幌コンサートホールが企画する「子どものための音楽とアートによる体験型のワークショップ」です。
音楽とアートを使って遊んだり、音を作ったり、創造したり、いろいろな「実験」を通して、“自由に感じること”、“想像すること”、“表現すること”を体験します。


Kitaraファースト・コンサート

Kitaraファースト・コンサート

札幌市内の全小学6年生(約1万6千人)を対象に、音楽の授業の一環で本格的なオーケストラとパイプオルガンの演奏を鑑賞・体験する札幌市の補助事業として、平成16年にスタートしました。これまでのべ18万人近くの子どもたちがKitaraの大ホールでコンサートを鑑賞しています。


オルガン・アウトリーチコンサート

オルガン・アウトリーチコンサート

札幌コンサートホールでは、ホールが所有する移動可能な“ポジティフ・オルガン”を学校等へ運び、オルガンの仕組みや歴史についてのお話を交えたアウトリーチコンサートを行っています。
オルガンの柔らかな音色に耳を傾けたり、一緒に演奏したり、美しく装飾された楽器を間近から見るなど、様々な体験を通してオルガンの魅力を発見してもらうコンサートです。


春休み室内オペラ「ヘンゼルとグレーテル」

Kitara室内オペラ「ヘンゼルとグレーテル」【5歳以上入場可】

2018年3月10日(土)・11日(日)
グリム童話をもとに、ドイツの作曲家、フンパーディンクが作曲したオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を、北海道二期会の制作・出演され続けているメルヘン・オペラの傑作です。
春休み、親しみやすいオペラを小ホールでお楽しみいただくKitaraの室内オペラ。
子どもから大人まで楽しめる夢の世界へぜひお越しください。


若手演奏家のための教育プログラム

札幌コンサートホールでは、若手演奏家のための教育プログラムとして、1997年の開館から毎年、ハンガリーの名門・リスト音楽院から教授陣を招き、直接指導が受けられるセミナーを開催し、これまでにのべ575人が参加しました。最優秀受講生を「ブダペスト・スプリング・フェスティバル」へ派遣しています。

また、セミナー期間中、演奏家としても世界で活躍する教授による「講師による特別コンサート」や「受講生コンサート」「特別レクチャー&公開レッスン」など、受講生以外の一般の方にもお聴きいただけるプログラムもあります。


Kitara Kids ミュージック&アーツ クラブ

リスト音楽院セミナー

札幌コンサートホールが1997年の開館以来、毎年開催しているセミナーです。ハンガリーの名門、リスト音楽院教授による熱心な指導が受けられる貴重な場として、多くの方々が受講しています。セミナーにはレッスンの他、演奏家としても世界で活躍する教授による「講師による特別コンサート」や「特別レクチャー&公開レッスン」、優秀受講生が出演する「受講生コンサート」が含まれ、受講生は自由に聴くことができます。また、最優秀受講生には世界的アーティストが数多く参加する「ブダペスト・スプリング・フェスティバル」に出演する資格が与えられます。